【DIY】一斗缶で燻製機:製作編【自作】

使用編はこちらへ

去年のふるさと納税で一斗缶に入っている牡蠣をいただきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】殻付能登かき (1斗缶)
価格:20000円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

結構ボリュームがありましたが、約90個2日で食べきりました。
うまかった!!

んで、一斗缶が余ってしまいました。本当は牡蠣はついでで一斗缶が欲しかったのは内緒です。
一斗缶ですが、最初はロケットストーブを作ろうかと思ったんですが、シャレオツなものを作ろうとすると足りないので今回はあきらめました。
なので、今回は燻製機を作ることにします。

簡単にまとめると作り方は下記になります。
■準備するもの

  • 一斗缶
  • 100均で売っている正方形のバーベキュー用の網
  • ボルトx8本or16本
  • ナットx8個or16個

以上!!500円もしないですね。

■作り方

  • 一斗缶を洗う
  • 一斗缶に穴あける
  • 穴にボルトとナットを付ける
  • 網乗せる

以上!!30分もあればできます。

既に中身は洗って乾かしている状態です。能登半島の牡蠣です。
妻の方の親戚は広島と宮城なので大きさで言ったらそちらの方が大きいです。
私は舌がバカなのでなんでもうまく感じます。でも中国産のウナギはまずかった><

中身はこんな感じですね。洗ったのに汚い・・・。

いきなり穴あけた写真ですが、約7cm x 7㎝あたりに穴をあけてます。
最初はキリで穴をあけてから電動ドリルで穴をあけましたが、ちょっと力を入れれば最初から電動ドリルでも穴をあけれました。
今回はインパクトドライバーでアタッチメント付けて木工用のドリルで穴をあけましたw
何とかなりますね。

上の穴はボルトとナットで網の受けを付けるもので、下の3つの穴は空気口です。

妻の方に2段の方がいっぱい乗るよね!?と言われたので、7㎝下に穴をあけます。キリでガン!とたたいて印をつけてあとから一気にドリルで穴あけます。

穴あけました!

ボルトとナットで固定します。

ボルトの長さは忘れました・・。網が引っ掛かるくらいでいいと思います。長すぎると下の段に網を入れられない恐れがあります。
今回下の段に網を設置するのに一苦労しましたw
この長さと高さだと網を曲げながら入れないと入らない状態です。

5年以上前に買ってあった網です。何に使う予定だったか忘れているので今回使います。

こんな感じに設置します。

あとは上の穴にも同じようにボルトとナットで受けを作って網を載せれば完成です!

 

あとは燻製するだけですね!!

失敗編書きました><

One thought on “【DIY】一斗缶で燻製機:製作編【自作】

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です