【DIY】クーラーボックススタンドを【マックスコールド62QT(IGLOO:イグルー)】

キャンプにもっていくためクーラーボックスをコストコで購入しました。
購入したものはイグルーのマックスコールド62QTです。

マックスコールドのクーラーボックススタンドを自作してより保温が長くなるようにします。
でも、どのくらいの効果があるのかわからないため試作として適当に2×4材で作ります。

こんな大きさです。結構大きい・・・。

2×4材です。失敗しても薪として使えます。この板は猫用ゲージに使っていたものですが、いらなっくなったため再利用です。

このような形で作ろうと思います。

適当に線を引いて切ります。

組み立てて載せてみました。雨降ってますね><
なんかぐらぐらします。後ろのところが結構バランス悪いようです。

切り込みいれた際に出た端材を瞬間接着剤でこのような形にくっ付けます。
瞬間接着剤が木材にも使えるのを初めて知りました。

こんな感じではめるとぐらぐらしません。

写真はないですが、8月上旬のキャンプの時に使用してみました。
バランス保つ端材は使いませんでした。中身があれば全くぐらぐらしなかったです。
また、マックスコールドはかなり保温能力が高いらしく、途中で少し氷は追加しましたが3日経っても氷は解け切らず中身も冷え冷えでした。
確かコストコで6000円しないくらいの値段です。コストパフォーマンスはかなりいいようです。

んで、クーラーボックススタンドですが、ない場合を知らないので比べようがありませんw
まぁ、すぐ分解組み立てができるし、分解したときのスペースも大したことないのでこのままこれを使っていこうかと思います。

ちなみに塗装はしていません。どうせ捨てる予定だった端材だったし、いらなくなったら薪として使うためです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です