【LED】ダイソー電球型USBライト:改造その3@破損&対策【リモコン調光キャンプ用ランタン】

さて、ダイソーのUSB電球型のLEDライトで作成したキャンプ用ランタンですが、
5歳の息子に破壊されました。どう破壊されたのかちょっと見せましょう。。。

こんな感じになっていました。何かが足りません。

本来のものと並べてみます。
付いていなければならないものがついてませんね。

出てきました。MicroUSBの雌端子。

こんなにもろいものだとは思いませんでした。
今までスマホやモバイルバッテリーも結構雑に扱っても端子が取れることはなかったですね。

そこで、ちょっと見比べてみました。

スマホや、モバイルバッテリーは端子と同じくらいの大きさの穴がケースに開いてます。
自分が作ったランタンは上下左右に結構余裕を持った穴が開いてます。
そうです、上下左右方向への力がそのまま端子に乗っかって採れたものと思われます。

原因が分かったので、対策もどうやればいいのかわかってきます。
上下左右に基盤から動かなければいいのです!!
固定方法はいろいろありますが、そんなにお金かけないで今ある道具でやってみます。

サンドイッチ戦法で挟み込んでそれを筐体に固定してしまいます。
超適当人間の超適当対応w

筐体に固定したところです。拡大すればわかりますが、動きそうにない固定方法です。

これで多分もう端子の破壊はされないでしょう。。。

まぁ、ほかの部分の破壊もされたんですけどね・・・。
その場所は、フック部分です。見た目ももろそうですよね。
子供はその辺手加減を知らないのでパキっとやってしまいます。
この部分は紐でも通そうかと思いますが細い紐がないのでいいものを探し中です。

そんなこんなで、これから改造する方はこの辺も気を付けてやるのがいいと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です